PR

カードローンおすすめランキング【2024年】人気の35社を完全比較してみた

カードローンおすすめランキング カードローン
記事内にプロモーションが含まれています。

カードローンには、銀行や消費者金融クレジット会社・信販会社など数多くの種類があり「カードローンにはじめて申し込む人」はどれを選ぶか、迷ってしまうのではないでしょうか。

カードローン選びに迷ったら、この記事でご紹介する「カードローンおすすめ比較」を参考にしてみてください。

カードローンの金利や利便性、バレずに借りられるかどうかも含め詳しく解説していますので、きっと自分にあったカードローンが見つかると思います。

この記事を書いた人

嶋 拓人

過去にアコム、三井住友銀行カードローファン、レイクなどから500万円借りた経験あり。また、自身が保証人になったことから個人再生をし、再起した経験を持つ。クレジットカードも多数保有。その際に身につけた知識と経験を基に、お金に関するWEBライターをしている。現在FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)を勉強中。

この記事の監修者

木山浩二

国家資格の第1回貸金業務取扱主任者試験合格。中堅消費者金融に約15年勤務し、入社後約7年で大型店の店長となる。融資受付から審査の決裁、延滞管理まですべて行う。弁護士との任意整理交渉、特定調停、個人再生、破産、過払い金返還請求などの債務整理業務や、債権者からの貸金訴訟、支払い督促、強制執行(動産・不動産)も経験済み。現在はFPの知識を深め、お金に関するWEBメディア制作を行っている。

監修者から一言カードローンを選ぶとき、「消費者金融より銀行カードローンのほうがデメリットが少ない」と感じる人がいます。結論からいうと、消費者金融も銀行カードローンもメリット・デメリットはほぼ同じです。なぜなら、両方とも信用情報機関のデータに「カードローンの借入れ」として登録されるからです。
銀行カードローンは総量規制対象外のローンとして情報登録されますが、それでも借金をしていることには変わりありません。銀行カードローンの保証会社もアコムプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)が担っています。イメージだけで銀行カードローンのほうが良さそうな感じもしますが、実は両方のカードローンのどちらを利用しても変わりません。
  1. カードローンおすすめを選ぶときのポイント
    1. カードローン金利の選び方
      1. カードローンを金利で選ぶなら最低金利よりも最高金利をチェック!
    2. 申し込みや借入時のバレにくさも重要
    3. カードローンアプリが使えるかなどの利便性
    4. カードローン審査のスピード
    5. 問い合わせ時オペレーターの対応品質もポイント
    6. 最少返済額は少ない方がおすすめ
  2. カードローンおすすめを選ぶなら銀行カードローンか消費者金融?
    1. カードローンの種類とポイント
      1. 人気の消費者金融カードローン
      2. 人気のクレジット・信販会社カードローン
    2. おもな銀行カードローンおすすめ
      1. メガバンクのカードローン
      2. ネット専業銀行のカードローン
      3. 地方銀行のカードローン
  3. 即日借りたい人におすすめのカードローンランキング
    1. 1位 今すぐ借りたいおすすめカードローン「プロミス」
      1. プロミスの良い口コミ悪い口コミ
        1. プロミスの良い口コミ
        2. プロミスの悪い口コミ
    2. 2位 即日カードローンで借りたいなら消費者金融最大手のアコム
      1. アコムの良い口コミ悪い口コミ
        1. アコムの良い口コミ
        2. アコムの悪い口コミ
    3. 3位 申込後最短15秒で審査結果が出るカードローン「レイク」
      1. レイクの良い口コミ悪い口コミ
        1. レイクの良い口コミ
        2. レイクの悪い口コミ
  4. 低金利で借りたい人におすすめのカードローンランキング
    1. 1位 上限金利が年12.5%のJCBカードローン FAITH
    2. 2位 上限金利が年12.5%のauじぶん銀行カードローン借り換えコース
      1. auじぶん銀行カードローンの保証会社はアコム
      2. auじぶん銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ
        1. auじぶん銀行カードローンの良い口コミ
        2. 悪い口コミ
    3. 3位 金利重視の人におすすめ「りそな銀行カードローン」
      1. りそな銀行カードローンの保証会社は選べない
      2. りそな銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ
        1. りそな銀行カードローンの良い口コミ
        2. りそな銀行カードローンの悪い口コミ
    4. 4位 ネットバンクで人気上位の楽天銀行スーパーローン
      1. 楽天銀行のキャンペーン表記に注意
      2. 楽天銀行スーパーローン良い口コミ悪い口コミ
        1. 楽天銀行のカードローン良い口コミ
        2. 楽天銀行のカードローン悪い口コミ
    5. 5位 住宅ローン金利優遇がおすすめ「みずほ銀行カードローン」
      1. みずほ銀行カードローンの保証会社はオリコ
      2. みずほ銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ
        1. みずほ銀行カードローンの良い口コミ
        2. みずほ銀行カードローンの悪い口コミ
    6. 6位 三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックはWEB申込可能
      1. バンクイックのの良い口コミ悪い口コミ
        1. バンクイックの良い口コミ
        2. バンクイックの悪い口コミ
    7. 7位 金利年2.49%~14.79%でおすすめ「住信SBIネット銀行カードローン」
      1. 住信SBIネット銀行カードローンの保証会社はプロミス
    8. 8位 ろうきん(労金)カードローンも低金利でおすすめ
      1. 団体会員なら金利優遇が受けられる
      2. 生協会員でも低めの金利で利用可能
      3. 一般の勤労者でも消費者金融カードローンよりは金利が低い
  5. 借入が少ない人はJAバンクカードローンがおすすめ
    1. JAバンクカードローンはおすすめだが審査が厳しい
  6. バレずに利用したい人におすすめのカードローンランキング
    1. 1位 内緒で申し込めるカードローンSMBCモビット
      1. SMBCモビットのWEB完結申込には収入証明書が必要
      2. SMBCモビットの良い口コミ悪い口コミ
        1. SMBCモビットの良い口コミ
        2. SMBCモビットの悪い口コミ
    2. 2位 原則在籍確認の電話なしで借りれるカードローン「アイフル」
      1. アイフルのの良い口コミ悪い口コミ
        1. アイフルの良い口コミ
        2. アイフルの悪い口コミ
    3. 3位 カードレスでバレにくいLINEポケットマネー
    4. 4位 カード発行なしで利便性抜群オリックスマネー
    5. 5位 WEBで利用明細を確認できるのがおすすめ「ソニー銀行カードローン」
  7. アプリで便利に借りたい!利便性が良いカードローンおすすめランキング
    1. 1位 提携ATM台数1万台以上手数料無料オリックス銀行カードローン
    2. 2位 au PAY 残高にチャージもできるからおすすめ「au PAY スマートローン」
    3. 3位 ATM手数料が無料でおすすめ「イオン銀行カードローン」
      1. イオン銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ
    4. 4位 全国26,253台のセブン銀行ATMが利用可能「セブン銀行カードローン」
      1. セブン銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ
    5. カードローンのアプリの申込みや借入・返済で注意すべきポイント
      1. カードローンアプリで書類を提出するときは書類不備に注意する
      2. カードなしでもコンビニATMは手数料が必要
      3. コンビニATMのメンテナンス時間は利用できない
    6. カードローンの自動契約機を利用するときの注意点
      1. 自動契約機の閉店時間に注意する
      2. 運転免許証など必要書類は持参しておくこと
      3. 自動契約機に先客がいると待つ必要がある
  8. 総量規制オーバーでも申込めるおすすめカードローンランキング
    1. 総量規制のルールと対象外や例外ローンについて
    2. 1位 アコムの借り換え専用ローン
    3. 2位 プロミスのおまとめローン
    4. 3位 アイフルのおまとめローン
    5. 4位 レイクのおまとめローン
    6. 5位 専業主婦なら配偶者貸付が利用できるベルーナノーティスがおすすめ
    7. 6位 10万円未満の少額融資に対応しているカードローン「フクホー」
    8. 7位 セントラルは自動契約機から5万円申込めるおすすめカードローン
  9. 個人事業主やフリーランスにおすすめのカードローンランキング
    1. 1位 個人事業主ならアイフルビジネスファイナンスがおすすめ
    2. 2位 プロミスの自営者カードローンもおすすめ
    3. 3位 セゾンファンデックスの個人事業主専用カードローン
    4. 4位 アコムビジネスサポートカードローンは総量規制の影響がないのでおすすめ
    5. 5位 東京スター銀行「スタービジネスカードローン」は低金利でおすすめ
    6. 6位 オリックスクレジットのVIPローンカードbusiness
  10. カードローンおすすめ選びで迷ったときのアドバイス
    1. カードローンを一度に申し込むのは2社まで
    2. 前回のカードローン審査落ちから6ヶ月あける
    3. わからないことはコールセンターに聞いてから申し込む
    4. おすすめでないとわかったら他社カードローンで借り換えも検討する
  11. カードローン審査を通過する5つのコツ
    1. カードローンの利用条件や必要書類を確認する
    2. カードローンではアルバイトでも定職に就くのが大事
    3. カードローン審査の連絡がつくようにしておく(本人と勤務先)
    4. カードローンでは50万円以上は申し込まない(他社借入れがない場合)
    5. 自分の信用情報機関のデータを事前に確認しておく
  12. おすすめカードローン広告でも違法業者は利用NG
    1. カードローンでよくある違法業者①「個人間融資」
    2. よくある違法業者②「ウソの低金利表示」
    3. よくある違法業者③「ブラックでも貸します」
    4. 違法業者か正規の業者かを見分ける方法
  13. カードローンおすすめを解説まとめ

カードローンおすすめを選ぶときのポイント

いくつかあるカードローンから自分にあった商品を選ぶ際は、以下のポイントを軸に検討するといいでしょう。

カードローン選びのポイント
  • 金利はどうか?
  • 家族にバレずに利用できるか?
  • 利便性はどうか?(申し込みや借入れでアプリが使えるかなど)
  • 審査スピードは?(即日融資が可能か?)
  • オペレーターの対応品質は親切か?
  • 毎月の最少返済額は?
  • 無利息サービスの内容と期間は?

今回は上記の条件のなかから、金利やバレにくさなどを中心に、いくつかの代表的なカードローンを比較してみたいと思います。

詳細は各カードローンの説明部分で触れますが、以下のようなサービスがあるかどうかもカードローン選びのポイントになるでしょう。

サービスの一例・30日~180日間の無利息サービス
・自宅への郵送物なしでお金が借りられる
・会社への在籍確認(電話)なしで借りられる
・アプリを使ってコンビニで借入れや返済ができる
・カードローンによってはATM手数料が無料になるところもある

この記事を読めば、自分の目的に合ったおすすめカードローンがきっと見つかるはずです。

カードローン金利の選び方

カードローンを選ぶ際、金利手数料の違いは大切な比較ポイントになります。

消費者金融カードローンの上限金利はほぼ年18.0%です。

一方、銀行カードローンの上限金利は、約年14.0%のところがほとんどでしょう。

年18.0%と年14.0%のローンで、それぞれ50万円を30日間借りたときの利息を比較してみます。

金利年18.0%と年14.0%の金利比較【50万円を30日間借りた場合】
利率 利息計算式 30日後の金利手数料
50万円を18%で借りた場合 50万円×18%÷365日×30日 7,397円
50万円を14%で借りた場合 50万円×14%÷365日×30日 5,753円

上記を見ると、金利が年4.0%違うだけで大きな差になることがわかります。

中小消費者金融のなかには、利息制限法ギリギリの年20.0%で融資している業者もあります。

できるだけ返済負担が少ないローンを探している人は、金利条件をよくチェックしておくことが大切です。

ただ、金利が高いローンは柔軟な審査をしてくれる傾向があります。

そのため「審査に一発通過したい!」と切実に思っている人は、逆に金利が高いローンを優先して検討するのもひとつの手段です。

カードローンを金利で選ぶなら最低金利よりも最高金利をチェック!

カードローンおすすめのオリックス銀行
カードローン金利の条件をチェックするときは、下限金利ではなく上限金利で比較することが大切です。

なぜなら、カードローンの下限金利が適用されるケースは稀だからです。

たとえば、オリックス銀行カードローンの場合で考えてみましょう。

オリックス銀行カードローンの下限金利は年1.7%です。

ただし、1.7%で借りられる人は800万円コース(700万円超800万円以下)の審査に通ることが条件になります。

銀行カードローンは総量規制対象外のローンですが、それでも銀行の自主規制で「借入れは年収の三分の一まで」としているところがほとんどです。

オリックス銀行の条件は非公開ですが、仮に「年収の三分の一ルール」が適用されているとしたら、800万円コースを契約するには約2,400万円の年収が必要になる計算です。

よく考えてみるとわかりますが、年収2,400万円もある人なら、わざわざカードローンを利用しなくても生活していけます。

上記のことから、カードローンの下限金利は「ほぼ見せかけの数字」と思ってもいいでしょう。

カードローンを選ぶときは、かならず上限金利だけを見るようにしましょう。

申し込みや借入時のバレにくさも重要

カードローン選びでは、バレにくさも大切なポイントです。

人にもよりますが、ほとんどの人は家族や職場の同僚には内緒でカードローンを利用したいのがホンネではないでしょうか。

配偶者に借金がバレると余計な心配をかけることになりますし、借りたお金の使い道も問い詰められるでしょう。

大手や中小消費者金融のほとんどは、バレたくないユーザーの心理に寄り添ってくれます。

なかには、自宅への郵送物はもちろん、本人や職場への電話連絡も回避してくれるカードローンもあります。

ただし、一部の消費者金融や銀行カードローンでは、契約時の確認を兼ねて自宅に郵送物を届けるケースがあります。

封筒はカードローンとはわからないように工夫されていますが、それでも見慣れない郵送物は怪しまれてしまうでしょう。

バレたくないなら、郵送がない消費者金融から優先して検討するようにしましょう。

カードローンアプリが使えるかなどの利便性

カードローン選びで意外に大事なのが利便性です。

いくら金利が低くても使えるATMが少なかったり、追加借入れができなかったりと。利便性が悪いローンは避けたほうがいいでしょう。

利便性重視なら、プロミスに代表されるようなアプリが使えるカードローンがおすすめです。

アプリが利用できるなら来店不要で申し込めますし、カードがなくてもコンビニATMで借入れも返済も可能です。

カードローン審査のスピード

「カードローンの利用を考えている」ということは、すぐにでもお金を必要としているケースがほとんどではないでしょうか。

即日で借りたいなら、できるだけ審査スピードの早いカードローンを選ぶようにしましょう。

大手の消費者金融は、ほぼ1時間以内に審査回答が出ます。

一方、銀行カードローンの審査回答は翌営業日以後になることも多く、なかには申し込みから審査回答まで1週間以上かかるケースもあります。

中小消費者金融の場合は土日休みの店舗が多いため、申し込み日に注意が必要です。

問い合わせ時オペレーターの対応品質もポイント

カードローンを一度契約すると完済まで数年かかることがあり、利用途中にコールセンターに問い合わせするケースも多くなります。

カードローンを運営する消費者金融や銀行の対応品質も、ローン選びでは大切なポイントです。

アコムのような上場企業だと親切な対応をしてくれますが、中小消費者金融のなかには横柄な態度で対応してくる店員もいます。

女性なら、レディースローンがあるかどうかもチェックしておきましょう。レディースローンは、原則すべて女性スタッフが対応してくれます。

はじめてカードローンを利用する女性なら、色々と不安になることも多いでしょう。

親切な女性スタッフが対応してくれるかどうか、口コミをチェックしておくこともオススメします。

最少返済額は少ない方がおすすめ

カードローンを選ぶときは、金利や限度額ばかり気にしがちですが、毎月の最少返済額も確認しておきましょう。

カードローンでは、毎月の最少返済額が決められています。

10万円を借りた場合、A社の最少返済額は5,000円でもB社は10,000円と、最少返済額はカードローン会社によってまちまちです。

最少返済額が多いローン会社は元金を多めに返済できるため、完済までのスピードは早くなります。

しかし、毎月の返済は厳しくなるかもしれません。

毎月の最少返済額はカードローン公式サイトの商品概要書に記載されていますので、かならずチェックし、自分の収入と支出にあてはめて検討することが大切です。

カードローンおすすめを選ぶなら銀行カードローンか消費者金融?

消費者金融か銀行どちらがおすすめのカードローンなのか
カードローン選びでは、消費者金融カードローンにするか銀行カードローンかで迷うことも多いでしょう。

ここで、カードローン初心者の人に向けて、どちらのカードローンを選ぶべきなのかアドバイスできればと思います。

まず、カードローンを大きく分けると以下4つに分類できます。それぞれ一長一短がありますが、ポイントをまとめると下記のようになります。

カードローンの種類とポイント

貸金業者の種類 代表例 ポイント
消費者金融 プロミス
アコム
アイフル
SMBCモビット
LINEポケットマネーなど
金利は高いが即日借入れができる
銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
三菱UFJ銀行バンクイック
楽天銀行カードローンなど
金利は低いが消費者金融と比較して審査は厳しめ
審査回答に時間がかかる。
クレジット会社 JCB
三井住友カード
クレディセゾンなど
金利は消費者金融並みだが選択肢が少ない
自動契約機がなくWEB申し込みのみ対応。
信販会社 ジャックス
アプラス
オリコなど
金利は消費者金融並み。
限度額に余裕があるカードローンも多い。

いくつか代表的なカードローンをまとめていますので、下記も参考にしてください。

人気の消費者金融カードローン

消費者金融 金利(実質年率) 限度額
プロミス 年4.5%~17.8% 最大500万円
アコム 年3.0%~18.0% 最大800万円
レイク 年4.5%~18.0% 最大500万円
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 最大800万円
アイフル 年3.0%~18.0% 最大800万円
ジェイスコア 年0.8%~15.0% 最大1,000万円
LINEポケットマネー 年3.0%~18.0% 最大300万円

人気のクレジット・信販会社カードローン

クレジット・信販 金利(実質年率) 限度額
JCBカードローンFAITH 年4.40%~12.50% 最大500万円
オリコ カードローンCREST 年4.5%~18.0% 最大500万円
クレディセゾンMONEY CARD 年15.0% 最大100万円

おもな銀行カードローンおすすめ

銀行カードローンの種類についてもまとめてみました。

銀行カードローンには、おもに以下3つの種類があります。

銀行カードローンの種類
  • メガバンクが扱うカードローン
  • ネット専業銀行のカードローン
  • 地方銀行のカードローン

メガバンクのカードローン

銀行名 金利(実質年率) 限度額
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円
三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8%~年14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5% 10万円~800万円
りそな銀行カードローン 年3.5%~13.5% 最大800万円

ネット専業銀行のカードローン

銀行名 金利(実質年率) 限度額
住信SBIネット銀行カードローン 年2.49%~14.79% 最大1,000万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 最大800万円
ソニー銀行カードローン 年2.5%~13.8% 最大800万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%~14.8% 最大800万円

地方銀行のカードローン

銀行名 金利(実質年率) 限度額
静岡銀行カードローン 年4.0%~14.5% 最大500万円
横浜銀行カードローン 年1.5%~14.6% 10万円~1,000万円(10万円単位)
福岡銀行カードローン 年3.0%~14.5% 最大800万円

銀行カードローン選びでは、保証会社の存在にも注意しましょう。

保証会社とは、カードローンの契約者が返済できなくなった際に、債務者に代わって銀行へ債務を一括返済する会社のことを指します。

たとえば、銀行カードローンで50万円借りて返済できなくなると、保証会社がカードローン契約者の代わりに50万円を銀行へ返済してくれます。

「保証会社が返済してくれて助かった」と思うかもしれませんが、保証会社が払った金額は元々のカードローン契約者に請求されますので、返済義務がなくなることはありません。

保証会社は、カードローンの契約者と同じ債務責任を負うことになります。

そのため、銀行カードローンの審査では「銀行の基本的な審査」と「保証会社の審査」の二重審査がおこなわれます。

銀行カードローンの保証会社は、プロミスやアコムなどの消費者金融、またはオリコやオリックス・クレジット(株)などの信販会社が担っているケースがほとんどです。

そのため該当する消費者金融で、過去に金融事故を起こしたことがある人は、注意したほうがいいでしょう。

申し込む銀行カードローンの保証会社については、各公式サイトの商品概要に掲載されています。

即日借りたい人におすすめのカードローンランキング

カードローン即日おすすめランキングを紹介
「今すぐにお金を借りたい!」

こんな人には、申込当日に借りられる消費者金融カードローンがおすすめです。

いくつかあるカードローンのなかで、最短即日融資が可能になっているのは、原則消費者金融カードローンだけです。

銀行カードローンは、2018年1月より反社会的勢力の排除目的のため、申込者の情報を警察庁のデータベースで照会することが義務付けられました。

警察庁データベースの回答は早くても翌営業日以降になるため、2018年から銀行カードローンでは即日融資ができなくなっています。

国内銀行が来年1月からカードローンなどの個人向けの新規貸し出しに関し、即日の融資を取りやめる見通しとなったことが15日、分かった。~(中略)~ 即日融資の取りやめは、借り手の情報を警察庁に照会する仕組みを導入して、暴力団員ら反社会的勢力との取引排除を徹底するのが狙い。運用が始まれば、融資審査には数日かかるようになるという。
引用元:「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ│産経ニュース-2017年9月15日)

銀行カードローンは審査結果が出るのに2~3日かかりますが、大手消費者金融の審査時間は平均して最短20分~1時間です。

また大手消費者金融なら、即日で自分の銀行口座に振り込んでもらうことも可能です。

1位 今すぐ借りたいおすすめカードローン「プロミス」

カードローンおすすめのプロミス
カードローン選びで迷っているなら、はじめにプロミスから検討してみてください。

おすすめPoint
  • アプリで即日借りられるため店舗に行く必要がない
  • コンビニATMで夜間や土日でも借りられる
  • 無利息キャッシングの条件が他社よりも良い
  • 利用するだけでVポイントが貯まる

プロミスは、アプリでカードローンの契約や借り入れがすべて完結します。

審査時間は9:00~21:00で、審査時間内に契約が完了するように申し込めば、申し込み当日にアプリや振込みキャッシングで融資が受けられます。

どうしてもカードで借りたいなら、自動契約機に出向いてカードを受け取るか、郵送を待つ必要があります。

プロミスの基本概要
利用できる人の条件 ・年齢18歳以上74歳以下
・本人に安定した収入があること
※主婦や学生でもアルバイト・パートなど安定した収入があれば申込可能
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は利用不可
金利 年4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短3分*
融資時間 最短3分*

*最短3分融資は、お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

また、web申し込み完結時に「カード不要」を選択すれば、自宅への郵送物なしで借りられます。

カードを発行してもらう場合でも、プロミスなら自動契約機でカードの受け取りが可能です。

まわりに内緒でカードローンを利用したいユーザーには、もっともオススメしたいローンといえます。

プロミスの良い口コミ悪い口コミ

プロミスに関する口コミもチェックしておきましょう。

下記は、オリコンランキングに掲載されているプロミスの口コミです。

スピーディーな審査には良い評価がある一方で、ネガティブな口コミもあります。

悪い口コミがあっても自分にとって良いサービスと思えるなら、申し込んでみてもいいでしょう。

プロミスの良い口コミ

40代女性の口コミ

対応が良かった
40代女性 ★★★★★

大変で必要な時に直ぐに利用できた。返済が大変になった時、まず利息からでも良いので。と言ってくださり助かりました。

40代男性の口コミ

すぐ借りれた!
40代男性 ★★★★★

どうしてもお金の工面が必要なときに、素早く借り入れができた。

プロミスの悪い口コミ

40代男性

詳しい説明が欲しい
40代男性 ★★☆☆☆

分割返済に対するリスク。返済額による返済期間の長さとかもっとローンに詳しくない人のために詳しく説明してほしかった

プロミス公式サイトはこちら>>

2位 即日カードローンで借りたいなら消費者金融最大手のアコム

カードローン即日で借りたいならアコムがおすすめ
アコムも、安心して利用できるカードローンのひとつです。

アコムは全国に自動契約機を設置しており、夜の21時までなら当日申込みで即日借入れも可能です。

WEB申し込みでも、メガバンクか楽天銀行に口座があれば、夜間や土日を問わず約1分で振り込んでもらえます。

審査回答は約30分で回答が出ますので、急ぎで借りたい人にもおすすめです。

アコムのカードローン基本概要
利用できる人の条件 ・18歳以上(高校生を除く)
・本人に安定した収入があること
※主婦や学生でもパートやアルバイトによる安定した収入があれば申込可能
金利(実質年率) 年3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短20分*
融資時間 最短20分*

*お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムは申込から融資までが最短20分のカードローンです。

消費者金融での知名度はトップクラスで、口コミでも安心して利用できるなど信頼性が抜群です。

アコムの良い口コミ悪い口コミ

アコムの口コミについても、オリコン公式サイトでチェックしてみます。

アコムは上場企業ですので、“安心して利用できる”といったポジティブな口コミが多い印象です。

急な借入れにも対応できるとのことですので、申込当日にお金を借りたい人で安心できる消費者金融カードローンを探しているならアコムをオススメします。

アコムの良い口コミ

50代女性

安心して借りれた
50代女性 ★★★★★

会社に信頼性があります。審査のスピードが早く、返済もしやすいのが良かったです。

20代女性

審査が早かった
20代女性 ★★★★★

審査時間が早く、借り入れの際もすぐに振り込んでくれるので助かる。

アコムの悪い口コミ

20代学生女性

クレカをすすめられる
20代女性 ★★★☆☆

手続きのたびにショッピング用のカードを薦められるので、少し面倒。

アコム公式サイトはこちら>>

3位 申込後最短15秒で審査結果が出るカードローン「レイク」

審査が早いカードローンならレイクがおすすめ
レイクは、スピーディーな審査をしてくれるカードローンとしても有名です。

レイクの審査スピードは最短15秒です。レイクでのスピーディーな審査を可能にしているのが、消費者金融の自動審査システムです。

大手消費者金融のほとんどは、人の手による審査ではなく、コンピュータによる自動審査で融資可否を判断しています。

信用情報機関への照会もコンピュータが自動照会しますので、即時審査回答が可能になっているのです。

審査回答が出たらwebなら最短25分融資も可能ですので、まさに最速で申し込めるカードローンといえるでしょう。

レイクの基本概要
利用できる人の条件 ・満20歳~70歳
・国内居住、または日本の永住権を取得していること
金利 年4.5%~18.0%
限度額 最大500万円
審査時間 最短15秒
融資時間 webで最短25分融資も可能

ただし、レイクのカードローンは、日曜日だけ審査時間が短いため注意が必要です。

レイクの審査は夜の21時までですが、日曜日だけは18時で審査手続きが終了します。

日曜日に即日借りたい人は、早めの申し込みが必要です。

また無利息キャッシングの期間が長い点も、レイクのおすすめポイントです。

レイクの無利息期間は、以下の2パターンから選択できます。

レイクの無利息
  • WEB申し込みで60日間無利息
  • 50,000円までの借入れは180日間無利息

それぞれ無利息期間中の返済は必要ですが、できるだけ負担なく借りたい人にはおすすめです。

レイク無利息注意点
  • 60日間無利息(Web申込み限定)、5万円まで180日間無利息(契約額1万円~200万円まで)、30日間無利息の併用はできません
  • 新生フィナンシャルで初めて契約いただいた方が対象。60日間無利息はWeb申込みの方で契約額が1~200万円の方のみ
  • 無利息開始日は契約日の翌日から。借入れ日の翌日からではありません
  • 契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ(30日間無利息は契約額1万円~500万円まで)
  • 無利息期間中も返済日があります。借入れ後の返済日を確認ください
  • 返済日はレイクの会員ページ、SBI新生銀行カードローンATMの利用明細書、契約時の書類で確認ください
  • 無利息期間中に返済が滞った場合、無利息期間が終了となり返済日の翌日以降の遅延損害金及び利息負担となります
  • 無利息期間終了後は通常金利適用となります
  • Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できる

レイクの良い口コミ悪い口コミ

レイクの口コミを見ると、5万円の無利息キャッシングが人気なのか「少額融資で審査も早い」といったポジティブな意見が聞こえてきます。

一方、ネガティブな口コミとしては「ATMで小銭を返済できない」などの評判もあります。

ATMでは、どの消費者金融でも小銭は取り扱えませんので、レイクだけの問題ではなさそうです。

レイクの良い口コミ

50代男性

少額から借りれる
50代男性 ★★★★★

少額から借りることができて審査も早い。また無利子期間が選択できる場合があるなど借りやすくなっている。

20代女性

対応が良かった
20代女性 ★★★★★

始めの限度額設定では足りなくなり増額するとなった時、丁寧な対応で気持ちよかったこと。

レイクの悪い口コミ

30代女性

コンビニで返したかった
30代女性 ★★☆☆☆

完済するためには細かいお金はレイク専用?のATMに行かなきゃいけないらしい。恥ずかしくて行けない。コンビニで全額返したい

商号 新生フィナンシャル株式会社
ご融資額 1万円~500万円
ご利用対象 満20歳~70歳
(国内に居住する方、日本の永住権を取得されている方)
貸付利率(実質年率) 年4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高によって異なります。
遅延損害金 年20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数 最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等
収入証明(契約額に応じて新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人 不要
貸金業登録番号 関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

低金利で借りたい人におすすめのカードローンランキング

低金利で借りたい人におすすめのカードローンランキング
利便性やサービスよりも「金利を一番重要視したい!」と思っている人には、低金利で利用できるカードローンがおすすめです。

さきほどご紹介したように、消費者金融カードローンの上限金利は約年18.0%で、もっとも低いプロミスでも年17.8%です。

一方、銀行カードローンに代表されるような低金利ローンでは、上限金利が年12.0%~14.0%で設定されています。

審査が厳しいカードローンもありますが、とにかく低金利のローンがいいなら、以下のおすすめカードローンから自分にあった商品を探してみてください。

1位 上限金利が年12.5%のJCBカードローン FAITH

JCBカードローン FAITH
JCBカードローン FAITHは、クレジットカード会社系のカードローンで、上限金利が年12.5%と低めに設定されている点がメリットです。

キャッシングを1回払いで利用すれば年5.0%の金利でキャッシングできますので、少しでも金利負担が少ないカードローンを探している人におすすめです。

ただし、下記の利用条件にもあるように契約には収入証明書の提出が必須となりますし、パートやアルバイトで生計をたてている人は利用できません。

専用カードも自宅に届きますので、家族に内緒でカードローンを利用したい人は、アコムやプロミスなどの消費者金融カードローンをおすすめします。

JCBカードローン FAITHの基本概要
利用できる人の条件 ・20歳以上69歳以下
・本人が勤めており安定した収入があること
※収入証明書の提出ができない人は申込不可
※学生やパート・アルバイトの人は利用不可
金利 年4.4%~12.50%
限度額 最大500万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短3営業日

2位 上限金利が年12.5%のauじぶん銀行カードローン借り換えコース

低金利カードローンおすすめのauじぶん銀行
auじぶん銀行カードローン借り換えコースの上限金利は年12.5%です(※借り換えコースの上限金利12.5%は限度額が100万円の場合のみ)。

一般的な消費者金融カードローンの上限金利年18.0%と比較すると、実に5.5%もの金利差があります。

auじぶん銀行借り換えコースは、限度額が上がればあがるほど金利が下がっていく仕組みになっています。

ちなみに、筆者もauじぶん銀行カードローン借り換えコースを利用していましたが、600万円の限度額で融資を受けていたことがあります。

借り換えコースの契約では、他社消費者金融カードローンなどを借り換えすることが必要になりますが、一般的なカードローンと同じように借りたり返したりできるローンですので、利便性も問題はないでしょう。

auじぶん銀行カードローン借り換えコース
利用できる人の条件 ・契約時の年齢が満20歳以上70歳未満
・安定継続した収入があること(自営、パート、アルバイトを含む)
・アコム株式会社の保証が受けられること
金利 年0.98%~12.5%
限度額 100万円以上800万円以内
審査時間 最短当日
融資時間 最短当日

auじぶん銀行カードローンの保証会社はアコム

アコム
上記の表にもあるように、auじぶん銀行カードローン借り換えコースの保証会社はアコムです。

審査もアコムが実施しますので、過去にアコムのカードローンを利用していて延滞していたり、直近でアコムの審査に落ちたりしている人はauじぶん銀行の審査にも落ちる可能性があります。

アコムで金融事故を起こしたような人は、別の銀行カードローンを検討するようにしましょう。

auじぶん銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ

auじぶん銀行カードローンの口コミでは、やはり金利面のポジティブな意見が目立ちました。

auじぶん銀行カードローンの良い口コミ

40代男性

支払金額が下がった
40代男性 ★★★★★

支払いが足りない時に助かったこと。金利が高い消費者金融で借りていたがまとめることができ支払い額が下がったこと

40代男性

金利が低い
40代男性 ★★★★★

借入がしやすく、金利も低めだったのでカードのリボ払い残高をまとめて支払いが楽になりました

悪い口コミ

40代女性

返済額の変更ができない
40代女性 ★★☆☆☆

返済金額をこちらの希望の金額に変更出来ない。都度自分で入金するしかないという手間

40代男性

アプリで借りたい
40代男性 ★★☆☆☆

カードローンカードしかATM操作出来ない。アプリ等で借り入れしたい

3位 金利重視の人におすすめ「りそな銀行カードローン」

金利でおすすめのりそな銀行カードローン
普段からりそな銀行を利用しているなら、りそな銀行のカードローンもおすすめです。

りそな銀行のカードローンは一般利用者でも上限金利年13.5%で利用できますが、りそな銀行の住宅ローンを利用していたり給与振込口座として利用中なら、年▲0.5%の金利優遇が受けられます。

キャッシング用のカードを別に持ち歩く必要もなく、手持ちのキャッシュカードがそのまま使える点もメリットといえます。

りそな銀行カードローンの基本概要
利用できる人の条件 ・以下の条件をすべて満たす個人
・申込時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満
・継続安定した収入があればパート・アルバイトでも申込可能
※学生は収入があっても利用不可
※専業主婦(主夫)も申込不可
・りそな銀行指定の保証会社の保証が受けられること
金利 年3.5%~13.5%
限度額 10万円~800万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 3日~1週間

りそな銀行カードローンの保証会社は選べない

りそな銀行カードローンの保証会社は、以下の3社から審査で決定されます。

保証会社は選べませんが、りそなカードの審査に落ちても、オリックス・クレジット(株)の審査では通過できる可能性もあります。

いずれにしても申し込んでみないとわからない部分も多いため、金利条件などに納得できるなら一度申し込んでみる価値はあるでしょう。

りそな銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ

りそな銀行カードローンも「低金利で利用できる」といったポジティブな口コミが多い印象です。

りそな銀行カードローンの良い口コミ

30代男性

低金利で借りれる
30代男性 ★★★★★

金利もその人の状況に応じて低い金利が借りられ、返済方法・申し込みもオンラインから可であるなど、様々な方法が利用できる点

40代男性

引落不足にも安心
40代男性 ★★★★★

普通預金の口座残高がマイナスになった時に自動的にカードローンになる点(引き落とし不能にならない点)

りそな銀行カードローンの悪い口コミ

20代男性

堅いイメージ
20代男性 ★★★☆☆

ちょっとお堅いイメージがあること。他の都市銀行よりも柔軟だとは思いますが

30代男性

ポイントを活用して欲しい
30代男性 ★★★☆☆

ポイントプログラムなどと連携し、返済期限よりも早く返済できた場合に、ポイントバックをしたり、ポイントでの返済をできるようにしてもらえるともっと便利になるのではないかと思います

4位 ネットバンクで人気上位の楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
楽天市場をはじめとする楽天経済圏のサービスをよく利用する人なら、楽天銀行スーパーローンもおすすめです。

楽天銀行のカードローン上限金利は年14.5%で、銀行ならではの金利で利用できる点が特徴です。

楽天銀行スーパーローンの審査では、楽天会員のランクも影響してきますので、高ランクの会員は審査優遇されるかもしれません(※一部例外あり)。

ただし、いくら楽天会員のランクが高い人でも、他社で延滞していたり債務整理をしたような人は審査通過は難しいでしょう。

楽天銀行カードローンの基本概要
利用できる人の条件 ・満年齢20歳以上62歳以下
・日本国内に住んでいること
・勤めていて毎月安定した定期収入があること
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証が受けられること
金利 年1.9%~14.5%
限度額 最大800万円
審査時間 最短当日
融資時間 最短翌営業日

楽天銀行のキャンペーン表記に注意

楽天銀行カードローンは、頻繁に金利優遇キャンペーンを実施しています(※キャンペーン内容は今後変更または終了する場合があります)。

よく現時点でよく実施されている金利キャンペーンは「金利半額キャンペーン」です。

ただし、注意しないといけないのは「永遠に金利が半額になるわけではない」点です。

金利が安くなるのはキャンペーン期間のみで、キャンペーン期間が終了すると通常金利に戻ってしまいます。

それでも、大手消費者金融カードローンの年18.0%よりは低い金利で借りられます。

楽天銀行スーパーローン良い口コミ悪い口コミ

楽天銀行スーパーローンの口コミは「納得の金利で利用できた」とのポジティブな意見がある一方で、コールセンターがつながりにくいなどのネガティブな口コミが気になります。

楽天銀行のカードローン良い口コミ

50代女性

よい金利で利用できた
50代女性 ★★★★★

ある程度大きめの限度額で申込みし、結果はとても満足でした。金利も最低限といわれましたが、割とよい金利にしていただけた

男性

借入・返済が簡単
40代男性 ★★★★★

借り入れ、返済がネットで簡単にスピーディーにできるのでいざという時に非常に助かっている

楽天銀行のカードローン悪い口コミ

女性

増額メールが来たのに..
30代女性 ★★☆☆☆

増額しませんか?とメールで提案が来るのに、いざ増額審査をしたら却下された。最初からメールしないでほしい

20代会社員男性

コールセンターが..
20代男性 ★★☆☆☆

コールセンターに問い合わせを行なってもこちらではわかりません。と参考にならないときがあった

5位 住宅ローン金利優遇がおすすめ「みずほ銀行カードローン」

住宅ローンの金利優遇がおすすめのみずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンには、低金利で利用できる点以外にも「自動貸越機能」が使えるメリットがあります。

自動貸越機能とは、普通口座に残高がない状態で公共料金などの引き落としがあった際、自動的に融資をしてくれるサービスのことです。

みずほ銀行カードローンでキャッシュカード兼用型を選択すると、自動貸越機能が利用できます。

うっかり残高確認を忘れていても安心ですので、みずほ銀行で生活費を管理している人にはおすすめです。

みずほ銀行カードローンの基本概要
利用できる人の条件 ※以下のすべての条件を満たす個人
・契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
・安定かつ継続した収入が見込めること
・保証会社の保証が受けられること
金利 年2.0%~14.0%
※みずほ銀行カードローン利用店でみずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は、基準金利から年0.5%金利の金利優遇が受けられる。
限度額 10万円~800万円
審査時間 数日
融資時間 1週間程度

みずほ銀行カードローンの保証会社はオリコ

オリコ
みずほ銀行カードローンの保証会社は「株式会社オリエントコーポレーション※通称オリコ」です。

オリエントコーポレーションは、各種ショッピングローンやクレジットカードを提供しています。

過去にオリコが扱う金融商品で延滞や事故を発生させたことがある人は、注意したほうがいいでしょう。

みずほ銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ

みずほ銀行の口コミは金利面の評価が高い一方で、利便性が悪いといったネガティブな口コミが気になります。

みずほ銀行カードローンの良い口コミ

60代男性

金利改定が良かった
60代男性 ★★★★★

利用者優遇措置として、月々の返済額の変更並びに金利改定などがあったこと。

50代男性

借入までが早かった
50代男性 ★★★★★

審査から借入までが早かった事。金利が他社と比較して最も安かった事。

みずほ銀行カードローンの悪い口コミ

60代男性

申込が手間
60代男性 ★★☆☆☆

ネットバンキングで同じ口座からの返済なのに改めて申し込みが必要だった。

6位 三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックはWEB申込可能

WEB申込みなら三菱UFJ銀行カードローンがおすすめ
三菱UFJ銀行のバンクイックは「上限金利年14.6%」と低金利ですので、大手消費者金融の年18.0%の金利よりは年3.4%低い計算になります。

たとえば、50万円を年18.0%と年14.6%で借りた場合とで比較すると、1ヶ月の金利手数料は以下のように違ってきます。

50万円を1ヶ月借りたときの金利手数料比較
金利(実質年率) 30日間の金利手数料
年14.6% 6,000円
年18.0% 7,397円

金利が年3.4%違うだけで、1ヶ月の利息は約1,400円変わってくるわけですから、返済負担が少ないカードローンを探している人は、ぜひバンクイックを検討してみてください。

三菱UFJ銀行のバンクイックの基本概要
利用できる人の条件 ・満20歳以上65歳未満
・国内に居住する個人
・アコム株式会社の保証が受けられること
・原則安定した収入があること
金利 年1.8%~年14.6%
限度額 10万円~500万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短翌営業日

バンクイックのの良い口コミ悪い口コミ

バンクイックも金利面の評価は高いようです。一方で増額案内の営業電話が多いらしく、増額を希望していない人にとっては煩わしいかもしれません。

バンクイックの良い口コミ

40代女性

利息が低い
40代女性 ★★★★★

とにかく利息が低い。ここより前に借りていたイオン銀行ローンが返しても返しても減らないのに、バンクイックはするする減っていくのであれ?っと思った。

50代男性

安心の金利
50代男性 ★★★★★

銀行カードローンだから安心の金利 年1.8%~年14.6%、最高500万円まで融資してもらえる。日本全国24時間インターネットで利用可

バンクイックの悪い口コミ

50代男性

営業電話が多い
50代男性 ★★☆☆☆

借入限度額を増やしてしまうと悪い甘えが出てしまって借りすぎてしまうと思っているので最小限度額で留めているが、度々利用限度額増額の勧めのような案内の電話が来ます

7位 金利年2.49%~14.79%でおすすめ「住信SBIネット銀行カードローン」

住信SBIネット銀行カードローン
住信SBIネット銀行カードローンの上限金利は「年14.79%」です。

実際は50万円~100万円程度で借りるケースがほとんどですので、上限金利の年14.79%が基準金利と思った方がいいでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンの基本概要
利用できる人の条件 ・申込時の年齢が20歳以上65歳以下
・安定継続した収入があること
・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられること
金利 年2.49%~14.79%
限度額 10万円~最大1,000万円
審査時間 数日
融資時間 数日

住信SBIネット銀行カードローンの保証会社はプロミス

SMBCコンシューマーファイナンス
住信SBIネット銀行カードローンの保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

それぞれ過去利用者の情報登録に関する自社ルールは非公開ですが、過去にプロミスで金融事故を発生させたことがある人は、念のため注意したほうがいいでしょう。

ただ、過去に滞納があっても軽微なものだったり期間が経過していたりする場合は、社内情報から削除されている可能性があります。

実際のところ申し込んでみないとわからない部分も多いため、一度チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

8位 ろうきん(労金)カードローンも低金利でおすすめ

ろうきんカードローンも低金利でおすすめ
ろうきんカードローンの知名度は低いですが、低金利で利用できるため、長期間利用したい人にはおすすめです。

ろうきんカードローン(マイプラン)商品概要
資金使途 生活資金として原則自由
※団体会員の構成員に限り、他行・信販・消費者金融からの借換え資金として利用可(2023年3月31日実行分まで)
金利 最大金利引き下げ後…年3.875%~8.475%
限度額 最高500万円
※団体会員の構成員以外、または生協会員の組合員および同一生計家族以外の利用者は最高100万円まで

団体会員なら金利優遇が受けられる

労働金庫に出資している団体(下記参照)の構成員なら、金利は最大引下げ後「年3.875%~年7.075%」で利用できます。

ただし、この金利条件はろうきんの店舗によっても違いますので、詳しい条件は最寄りの店舗へ問い合わせてみるようにしてください。

団体会員の構成員とは中央労働金庫に出資している(1)労働組合 (2)国家公務員・地方公務員等の団体 (3)勤労者のための福利共済活動を目的とする団体で一定の条件を満たしていることが条件

生協会員でも低めの金利で利用可能

団体構成員でなくても、ろうきんに出資している生協組合員融資制度導入済みの生協組合員、または同一生計家族のユーザーなら優遇金利年4.055%~年7.255%で利用できます。

自分が対象組合員かどうかは、生協に問い合わせるか、ろうきんに問い合わせると回答してくれます。

一般の勤労者でも消費者金融カードローンよりは金利が低い

上記のいずれにも該当しない場合でも、最大引下げ後金利は「年5.275%~年8.475%」が適用されます。

ただし、利用するろうきんの営業エリアに住んでいることが条件となりますので、全国どこからでも申し込めるわけではありません。

借入が少ない人はJAバンクカードローンがおすすめ

借入が少ない人はJAバンクカードローンがおすすめ
カードローンと聞くと、消費者金融と銀行カードローンが真っ先に頭に浮かびますが、JAバンクにもカードローンがあります。

JAバンクカードローンの金利は、各JAによって異なります。

それでもメガバンクのカードローン金利(年14.0%~15.0%程度)よりも低くなっていますので、低金利のカードローンを探している人にはオススメです。

JAバンクカードローンの金利(一部)
JA店舗名 金利(年率)
JA東京中央 (変動)年4.5%~12.0%
JAセレサ川崎 (変動)年9.2%~11.6%
JA千葉みらい (変動)年8.65%~11.05%
JAなごや 年6.925%~9.325%
JA北九 (変動)年10.3%~12.7%
JA呉 (変動)年10.0%~13.0%

JAバンクカードローンはおすすめだが審査が厳しい

JAバンクカードローンは銀行よりも金利が低くオススメですが、審査が厳しいのがデメリットです。

カードローンは金利が低ければ低いほど、審査は厳しくなる傾向があります。

JAバンクカードローンの保証会社は、三菱UFJニコスなどの厳しめの保証会社が付いているため、消費者金融の審査よりも審査落ちになる可能性が高いと思ったほうがいいでしょう。

しかし、カードローンをはじめて利用する人や他社の借入れが少ないひとは、十分審査に通る可能性があります。

まずは、下記リンクから近くのJAバンク店舗を探してみましょう。

一部店舗では、来店不要での手続きも可能です。

お近くのJAを探す-JAグループ>>

バレずに利用したい人におすすめのカードローンランキング

内緒で借りたい人におすすめのカードローンランキング
低金利や融資スピードよりも「誰にも知られずに内緒で借りたい!」と思う人も多いでしょう。

既婚者や家族と同居している人は、郵送物が原因でカードローンの利用がバレるかもしれません。

勤務先への在籍確認の電話も注意が必要です。

カードローンの在籍確認では、審査担当者の個人名で電話がかかってきます。

携帯電話が普及している昨今、勤務先に個人名でかかってくる電話は、どうしても不審に思われてしまいます。

以上のことから「自宅への郵送物なしで借りられるカードローン」「会社への電話連絡なしで申し込めるカードローン」が最近人気です。

配偶者や会社・友人などを含め、誰にも知られずにお金を借りたい人はこちらを参考にしてください。

1位 内緒で申し込めるカードローンSMBCモビット

モビットは内緒で借りれるカードローンおすすめ
誰にもバレずにカードローンでお金を借りたいなら、SMBCモビットのWEB完結申込がおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結申込なら、本人と勤務先への電話連絡なしで申し込めます。

また、自宅への郵送物もありません。

ただし、大手消費者金融カードローンでは珍しく、SMBCモビットには無利息キャッシングサービスがない点がデメリットです。

SMBCモビットの基本概要
利用できる人の条件 ・満年齢20歳以上74歳以下
・安定した収入があること
・SMBCモビットの審査基準を満たすこと
※アルバイト、パート、自営業も利用可
金利 年3.0%~18.0%
限度額 1万円~最大800万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日

SMBCモビットのWEB完結申込には収入証明書が必要

SMBCモビットで電話連絡がないのは、書類による在籍確認を実施しているためです。

書類での在籍確認には収入証明書が必要ですし、SMBCモビットのWEB完結申込には収入証明書以外の書類も必要になります。

なかにはすぐに用意できない書類も多いため、できれば手続き前に確認しておくことをオススメします。

SMBCモビットWEB完結申込の必要条件と書類
本人確認書類の提出 運転免許証やパスポートを用意する
指定の銀行口座を保有 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のうち、いずれかの口座を持っていることが条件
指定口座での返済 上記の口座を使って、口座引き落としにて返済すること※通常のATM返済は利用できない
収入証明書類の提出 以下いずれかの書類を提出できること
源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・直近2ヶ月の給与明細書
(賞与がある場合は、直近1年分の賞与明細書も必要)
勤務先を証明できる書類の提出 以下2種類の書類を提出できること
①全国健康保険協会発行の健康保険証(社会保険証、または組合保険証)
②直近1ヶ月の給与明細書(上記で提出できない場合のみ)

SMBCモビットの良い口コミ悪い口コミ

SMBCモビットの評判を見るとコールセンターの対応に関する評価が高い一方で、アプリの動作に関するネガティブな口コミが気になります。

SMBCモビットの良い口コミ

30代女性

わかりやすかった
30代女性 ★★★★★

申し込みや借り入れなどがアプリでできるので、わかりやすい。

50代女性

対応が良かった
50代女性 ★★★★★

他社の借入を完済できる提案をしてくれた。コールセンターの応対が丁寧。審査や入金が早い

SMBCモビットの悪い口コミ

女性

アプリが強制終了する
30代女性 ★★☆☆☆

ATMで借入するときアプリが強制終了するのが多いです

2位 原則在籍確認の電話なしで借りれるカードローン「アイフル」

在籍確認なしのカードローンならアイフルがおすすめ
アイフルも、公式サイトで「電話での在籍確認なし」と公言しているカードローンです。

【アイフル公式サイト/よくある質問より】
【質問】:申込みの時に、自宅や勤務先(在籍確認)へ確認の電話がかかってくるのですか?
【回答】:原則実施しません。ただし、審査状況により実施する場合があります。お客様のプライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
(引用元:https://www.aiful.co.jp/faq/borrow/detail11/

アイフルをはじめ、消費者金融が電話以外で勤務先確認をするときは、一般的に以下の方法を使います。

電話以外で確認する方法
  • 申告した勤務先が実在するかホームページなどを確認する
  • 信用情報機関の過去データをチェックする
  • 勤務先と勤続年数・年収などのデータが、世間一般の平均と一致しているか確認する

アイフルには過去の膨大な申し込みデータが記録されており、AIで不正な申し込みをチェックできる厳しい審査システムがあります。

アイフルは自社の審査システムを使い、わざわざ電話をしなくても勤務先情報が正しいかどうか判断できるのかもしれません。

ただし審査で不審な点があると電話がかかってくる可能性もありますので、その点は覚えておきましょう。

アイフルカードローンの基本概要
利用できる人の条件 ・満20歳以上69歳まで
・定期的な収入と返済能力があること
金利 年3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短25分

また、アイフルはカードレス対応で利用できるカードローンです。

カード不要を選択すれば、自宅への郵送物なしでお金が借りられます。

会社への在籍確認や自宅への郵送物が不安な人は、ぜひアイフルも検討してみてください。

アイフルのの良い口コミ悪い口コミ

アイフルには、即日融資やWEB申し込みが手軽にできるなどのポジティブな口コミがよせられています。

アイフルの良い口コミ

女性

融資までが早かった
30代女性 ★★★★★

申し込みからの対応も早く、本人確認等の電話以外はネットで完結できる。即日融資できるのは緊急時などに助かる

30代会社員男性

簡単に借入できる
30代男性 ★★★★★

ネットから申し込みができて手続きが簡単な点。即日で借り入れができるなど審査が早い点

アイフルの悪い口コミ

20代女性

説明がわかりづらい
20代女性 ★★☆☆☆

手違いで必要以上に借りてしまい、サポートに連絡したが説明が分かりづらく、結局必要以上の金額を借りてそれを返済することになってしまった

3位 カードレスでバレにくいLINEポケットマネー

バレにくいカードローンならLINEポケットマネーがおすすめ
LINEポケットマネーは、普段よく利用している「LINE」が運営している消費者金融サービスです。

LINEポケットマネーにはキャッシング用カードの存在がありませんので、カードレスで利用することになります。

借入れ金を銀行振込にしてもらうことも可能ですが、基本的には少額を借りてLINEpayにチャージしてもらう仕組みになっていますので、まわりにバレずに利用できるローンといえます。

LINEポケットマネーの基本概要
利用できる人の条件 ・契約時の年齢が満20歳から65歳まで
・安定かつ継続した収入が見込めること
・LINEポケットマネーの審査基準を満たすこと
※学生や主婦もアルバイトなど安定した収入があれば申込可
金利 年3.0%~18.0%
限度額 最大300万円
審査時間 2日~3日
融資時間 3日~4日

4位 カード発行なしで利便性抜群オリックスマネー

カードレスでおすすめのカードローンオリックスマネー
オリックスマネーもカードレスタイプのカードローンですので、よほどのことがない限りまわりにバレることはありません。

オリックスマネーでキャッシングする際は、アプリを利用してセブン銀行ATMで借りる仕組みになっています。

オリックスマネーを契約すれば、オリックスグループが運営する以下のサービスの利用特典も受けられます。

利用特典
  • オリックスレンタカーの基本料金が優待価格で利用可能
  • カーリース新規成約でAmazonギフト券2,000円分プレゼント
  • オリックスカーシェア入会でICカード発行手数料無料、月額基本料2ヶ月無料、2,200円分の時間料金無料×2ヶ月
オリックスマネーの基本概要
利用できる人の条件 ・日本国内に居住していること
・年齢満20歳以上69歳まで
・毎月定期収入があること
金利 年2.9%~17.8%
限度額 10万円~最大800万円
審査時間 最短60分
融資時間 最短即日

5位 WEBで利用明細を確認できるのがおすすめ「ソニー銀行カードローン」

WEBで利用明細を確認できるからおすすめ
ソニー銀行カードローンは、WEBで申し込みから契約まで完結できるカードローンです。

明細もWEBで確認できますので、毎月利用明細が届くこともなく、バレにくいカードローンといえます。

また、口座開設とカードローンの同時申し込みをすると、キャッシュカードとローンカードの2枚が発送されてきます。

封筒には「ローンカード在中」とか書かれていませんので、家族に封筒を見られても「ソニー銀行の口座を開設した」と言えば不審に思われることもないでしょう。

ソニー銀行カードローンの基本概要
利用できる人の条件 ※次の条件をすべて満たすこと
・ソニー銀行に円普通預金口座を持っていること(同時申込可)
・申込時の年齢が満20歳以上65歳未満
・原則、安定した収入があること
・日本国籍もしくは外国籍でも永住権を持っていること
・アコム株式会社の保証が受けられること
金利 年2.9%~13.8%
限度額 10万円~最大800万円
審査時間 最短翌営業日以降
融資時間 最短翌営業日以降

アプリで便利に借りたい!利便性が良いカードローンおすすめランキング

利便性が良いカードローンおすすめランキング
金利や審査スピード以外にも、借入れや返済の利便性が高いカードローンも人気です。

具体的には、セブンイレブンやローソンなどのコンビニ銀行ATMや、都市銀行・ゆうちょ銀行などの金融機関ATMと提携しているカードローンがおすすめです。

提携ATMが多ければ多いほど借入れや返済するときに便利ですし、急にお金が必要になったときも安心して利用できます。

1位 提携ATM台数1万台以上手数料無料オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
カードローンでお金を借りる方法としては、「ATM」「振込」「アプリ」などさまざまな手段があります。

なかでもATMはカードで手軽に借りられるため、利用する人も多いのではないでしょうか。

オリックス銀行カードローンなら、全国10,000台以上の提携ATMが手数料無料で利用できるため、とても利便性が高く人気です。

提携ATMの一部【コンビニ】セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート
【メガバンク】三菱UFJ銀行、三井住友銀行
【地方銀行ほか】ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行

消費者金融カードローンでコンビニATMを利用すると、110円か220円の手数料がかかります。

その点、オリックス銀行カードローンの場合は手数料無料で利用できます。

借入れも1,000円単位で可能ですので、少額融資でも無駄な手数料を支払う必要はありません。

少額借り入れが可能なため、借り過ぎも防止できるカードローンといえます。

オリックス銀行カードローンの基本概要
利用できる人の条件 ・原則、毎月安定した収入があること
・申込時の年齢が満20歳以上69歳未満
・日本国内に住んでいること
金利 年1.7%~14.8%
限度額 最大800万円
審査時間 2~3日
融資時間 5日~7日

2位 au PAY 残高にチャージもできるからおすすめ「au PAY スマートローン」

auPayスマートローン
auユーザーでもauユーザーではなくても、au IDを持っている人ならau PAY スマートローンもおすすめです。

なぜなら、au IDの登録が済んでいる人なら、カードローン申込時の情報入力が簡素化できるからです。

au PAY スマートローンの申込時には、本人情報を入れる必要があります。

au IDに登録済なら、すでに登録済の情報が自動的に反映されるためスムーズな手続きができます。

さらに、au PAY スマートローンは、借入金をau PAY 残高へチャージすることもできます。

スマートフォンさえあれば時間や場所を気にせずキャッシングができますし、au PAYを普段の買い物で利用すればPontaポイントもたまります。

利便性を追及するなら、断然au PAY スマートローンがおすすめです。

au PAY スマートローンの基本概要
利用できる人の条件 ・本人名義のau IDを持っていること(法人契約利用のau IDでは申込不可)
・満20歳以上、70歳以下(※年金受給者は年金以外に安定した収入があることが条件)
・本人に定期収入があること
・現住所が国内にあること
金利 年2.9%~18.0%
※2020年4月28日以前にお申し込みの方は8.0%~18.0%(実質年率)
ご利用限度額 1万円~最大100万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日*
会社名 auフィナンシャルサービス株式会社
貸金業者登録番号 関東財務局長(4)第01503号
返済方式 借入時残高スライド元利定額返済方式
返済回数及び返済期間 最長60回(5年)
遅延損害金 20.0%(実質年率)
担保・保証人 不要
備考 要審査

*お申込みの内容により、お手続きにお時間がかかる場合や、ご希望に沿えない場合がございます。

au PAY スマートローン公式サイトはこちら>>

3位 ATM手数料が無料でおすすめ「イオン銀行カードローン」

ATM手数料が無料なイオン銀行カードローンがおすすめ
イオン銀行カードローンも、コンビニATMの利用手数料がかからないカードローンです。

イオン銀行カードローンの利用可能なATM
イオン イオン銀行ATM
コンビニ ローソンATM
銀行 ・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行
・ろうきん・信用金庫・信用組合

借入れもソニー銀行カードローンと同様、1,000円から利用できるため借り過ぎる心配もありません。

ただしカードローン契約後のカード受け取りは、自宅郵送が必須となります。

消費者金融のような自動契約機での受け取りはできませんので、普段イオン銀行と取引をしていない家庭では、カードローンを利用していることが家族にバレるかもしれません。

イオン銀行カードローンの基本概要
利用できる人の条件 ◆以下のすべての条件を満たす個人
・日本国内に居住していること
・契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満
・本人に安定かつ継続した収入が見込めること
・保証会社であるイオンクレジットサービス株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社の保証が受けられること
金利 年3.8%~13.8%
限度額 10万円~最大800万円
審査時間 最短翌営業日以降
融資時間 最短翌営業日以降

イオン銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ

女性

使い勝手が良い
50代女性 ★★★★★

土日や応対の時間の幅も広い。他社への振り込み手数料かをお得にできる。買い物もできる

20代女性

契約までスムーズ
20代女性 ★★★★★

契約した際にほとんど手間を取った記憶が無い為、スムーズに契約出来る事だと思います

30代女性

ATM画面が見える..
30代女性 ★☆☆☆☆

イオン銀行のATMから借り入れや返済するとき、借入・返済という言葉が後ろに並んでいる人から見える

4位 全国26,253台のセブン銀行ATMが利用可能「セブン銀行カードローン」

全国のセブンイレブンATMで使えるセブン銀行カードローンがおすすめ
セブン銀行のATMは、お馴染みのセブンイレブンに設置されています。

セブン銀行カードローンもセブンイレブンのATMが利用でき、もちろん手数料はかかりません。

セブン銀行ATMはイトーヨーカドーにも設置されており、全国の設置台数は26,253台です。

普段、セブンイレブンを利用している人やイトーヨーカドーで買い物をする人なら、利便性重視でセブン銀行カードローンも検討してみましょう。

ただし、セブン銀行カードローンの限度額は最大でも50万円までです。

上限金利は年13.8%と低めですが、余裕のある限度額で利用したいユーザーには不向きかもしれません。

セブン銀行カードローンの基本概要
利用できる人の条件 ◆以下条件を全て満たす個人
・セブン銀行口座を持っていること
・契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満
・一定の審査基準を満たしアコム株式会社の保証が受けられること
・外国籍の場合は永住者であることが条件
金利 年3.8%~13.8%
限度額 10万円、30万円、50万円
審査時間 最短翌営業日以降
融資時間 最短翌営業日以降

セブン銀行カードローンの良い口コミ悪い口コミ

女性

利便性が最高
20代女性 ★★★★★

簡単に手続きができた。少額借入と返済が可能であった。近くのコンビニのATMで借入でき、周りの目を気にせず利用できた

20代女性

少額から借りれる
20代女性 ★★★★★

少額から借りられて、コンビニのATMですぐ借入も返済も出来るので便利だった

女性

預け入れが面倒
20代女性 ★★☆☆☆

返済のためにセブン銀行に毎月預け入れしなければならない

カードローンのアプリの申込みや借入・返済で注意すべきポイント

お金借りるアプリでの申し込みや借入れに対応しているカードローンを利用する場合、いくつかの点に注意する必要があります。

申し込み時の注意点を忘れると審査が長引く原因にもなりますし、契約後の注意点を覚えておかないと手数料を無駄に払うことにもなりかねません。

カードローンアプリで書類を提出するときは書類不備に注意する

プロミスのアプリローンに代表される「アプリでの申し込み」では、書類もアプリで提出します。

スマートフォンで運転免許証などを撮影してアップロードするとき、撮影ミスがあると審査が長引く可能性があります。

よくある撮影ミスとしては、以下3つのケースがあげられます。

撮影ミスの例
  1. 手ブレで文字が見えない
  2. 照明の光が写り込み文字が光って見えない
  3. 必要な部分が撮影されていない

即日借りたい人は、書類不備による再審査とならないよう、細心の注意を払って撮影するようにしましょう。

カードなしでもコンビニATMは手数料が必要

アプリでコンビニATMを利用して借入れや返済をするときでも、手数料がかかります。

1万円以下の取引 110円(税込)
1万円超の取引 220円(税込)

仮に1,000円をアプリで返済する場合でも、110円の手数料を支払わないといけない計算になりますので、少額をコンビニATMから返済するのは避けたほうがいいでしょう。

コンビニATMのメンテナンス時間は利用できない

コンビニATMは、原則夜間や早朝でも利用できます。

しかし、一部のコンビニATMにはメンテナンス時間が設定されており、メンテナンス時間中は利用できないため注意が必要です。

たとえば、ローソンATMなら夜中の3時以降で15分程度メンテナンス時間が予定されています。

あまり該当するケースは少ないかもしれませんが、急ぎでお金を借りたいときは注意しましょう。

【ローソンATMの場合】
システムメンテナンスのため、午前3時~午前4時の間で15分程度ご利用いただけない時間帯があります。
(引用元:https://www.lawson.co.jp/service/finance/bank/index.html

セブンイレブンATMについては、下記のとおりメンテナンス時間の設定はありません。

【セブン銀行ATMの場合】
質問:セブン銀行口座は、システムメンテナンスなどで毎月決まった日に使えないことがありますか?
回答:セブン銀行ATMをご利用の場合、定例のシステムメンテナンスはございませんので、原則24時間365日ご利用いただけます。なお、ATMの設置店舗が24時間営業でない場合、ATMがご利用可能な時間帯であっても、閉店時にはご利用いただけません。
(引用元:セブン銀行カードローン/よくあるご質問

カードローンの自動契約機を利用するときの注意点

カードローンの自動契約機
自動契約機で申し込むときも、いくつかの注意点があります。

自動契約機の閉店時間は21時までとなっていますので、夜間に即日借りたい人は注意しましょう。

自動契約機の閉店時間に注意する

プロミスやアコムなど、大手消費者金融の自動契約機は24時間営業ではありません。

大手消費者金融の自動契約機は21時で取り扱いが終了します。(レイクの自動契約機は日曜日のみ18時まで)

そのため、即日借入れを希望している人は、余裕を持って20時までには入室して手続きをはじめるようにしましょう。

運転免許証など必要書類は持参しておくこと

自動契約機で申し込むときも、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

利用者の条件によっては収入証明書も必要になりますので、申込当日に慌てないよう、事前に用意しておくことをおすすめします。

各カードローンで必要な書類は、公式サイトを見ればわかります。

自動契約機に先客がいると待つ必要がある

自動契約機は一店舗につき一台しかありません。

そのため、自動契約機内に先客がいると待つ必要がでてきます。

急ぎの審査を希望しているときは即日借入れに間に合わないこともありますので、早めに到着するようにするか、事前に近隣の店舗をチェックしておくようにしましょう。

総量規制オーバーでも申込めるおすすめカードローンランキング

総量規制については、すでにご存知の人も多いしでしょう。

貸金業法では総量規制のルールが定められており、総量規制では「消費者金融やクレジットカードでのキャッシングは年収の三分の一まで」と決められています。

しかし、お金にどうしても困ったときなどは、総量規制のルールを超えて借りたいケースもあるでしょう。

ここからは、総量規制対象外や例外で借りられるおすすめのローンもご紹介していきます。

総量規制のルールと対象外や例外ローンについて

下記の貸金業協会公式サイトには、総量規制対象外や例外ローンの具体例が記載されています。

なかには一般の人には馴染みの薄いローンもありますので、いくつか代表的なローンのみご紹介していきます。

総量規制対象外のローン
  • 銀行ローン
  • 住宅ローン
  • マイカーローン
総量規制の例外ローン
  • おまとめローン
  • 配偶者貸付
総量規制の対象外 ①不動産購入のための貸付け(いわゆる住宅ローン)
②自動車購入時の自動車担保貸付け(いわゆる自動車ローン)
③高額療養費の貸付け
④有価証券を担保とする貸付け
⑤不動産(個人顧客または担保提供者の居宅などを除く)を担保とする貸付け
⑥売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け
総量規制の例外 ①顧客に一方的に有利となる借換え
②借入残高を段階的に減少させるための借換え
③顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
④社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金
(10万円以下、3か月以内の返済などが要件)の貸付け
⑤配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)
⑥個人事業者に対する貸付け
(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合)
⑦新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け(要件は、上記⑥と同様。)
⑧預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
(貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1か月以内の返済であることが要件)

引用元:日本貸金業協会公式サイト/総量規制の例外・対象外

1位 アコムの借り換え専用ローン

アコムの借り換えローンは総量規制オーバーでも借りれるのでおすすめ
アコムのおまとめローンは、総量規制の例外ローンに該当します。

他社貸金業者からの借入れと、アコムのおまとめローン融資額の合計が年収の三分の一を超えても利用は可能です。

ただし、年収の三分の一を超えて借りられるのは返済能力に問題のない人だけです。

おまとめローン審査は厳しいため、融資額によっては収入証明書の提出を求められる可能性もあります。

契約後は通常のカードローンのように借りたり返したりといったこともできませんので、その点は覚えておきましょう。

アコムの借り換え専用ローン基本概要
利用できる人の条件 20歳以上で安定した収入があること
金利 年7.7%~18.0%
限度額 1万円~最大300万円

2位 プロミスのおまとめローン

総量規制対象外のおすすめカードローンプロミスおまとめローン
プロミスにもおまとめローンがあります。最大300万円まで借りられるため、他社消費者金融を利用している人は、プロミスで一本化を検討してみてもいいでしょう。

おまとめローンで借金を一本化できれば、金利が下がるかもしれませんし、なによりも返済日が1日で済みます。

精神的にも楽になりますので、3社以上から金利18%で借りている人は、ぜひプロミスのおまとめローンを検討してみてください。

プロミスのおまとめローン基本概要
利用できる人の条件 ・年齢20歳以上65歳以下
・本人に安定した収入があること
※主婦や学生でもパート・アルバイトによる安定した収入がある場合は申込可能
金利 年6.3%~17.8%
限度額 最大300万円

3位 アイフルのおまとめローン

アイフルおまとめローン
アイフルには以下2つのおまとめローンがあります。

アイフルおまとめローン
  • おまとめMAX…アイフルの利用者向け
  • かりかえMAX…アイフルの利用がはじめての人向け

ともに金利や限度額などの条件は同じで総量規制の例外ローンになりますので、返済能力に問題がなければ年収の三分の一を超えての借入れも可能です。

アイフルのおまとめローンは、銀行ローンやクレジットカードのショッピングリボ払いの一本化が可能です。

おまとめローンによってはクレジットカード利用分の一本化ができないタイプのローンもありますので、カードの支払いが厳しくなってきているなら検討してみてもいいでしょう。
※銀行ローン、ショッピングリボの一本化を希望する場合は、別途書類提出が必要。

アイフルおまとめローン/かりかえMAX基本概要
利用できる人の条件 ・アイフルをはじめて利用する人
・満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有していること
・アイフルの審査基準を満たしていること
金利 年3.0%~17.5%
限度額 1万円~最大800万円

4位 レイクのおまとめローン

レイクおまとめローン
レイクもおまとめローンを取り扱っており、「レイク de おまとめ」の商品名で提供されています。

「レイク de おまとめ」の特徴は、上限金利が年17.0%に設定されている点です。

消費者金融のおまとめローンのなかには、おまとめローンでも上限金利が年18.0%の商品もあり、金利が下がらないケースもあります。

その点「レイク de おまとめ」の上限金利は年17.0%ですから、他社で年18.0%のローンを利用している人なら確実に1%は金利が下がる計算になります。

ただし、他社おまとめローンと同様に「レイク de おまとめ」も契約後は返済専用ローンとなります。

追加融資は受けられませんので、その点は覚えておきましょう。

レイクのおまとめローン基本概要
利用できる人の条件 ・満20歳~70歳まで
・安定した収入があること
・他社借入金の返済に充当すること
金利 年6.0%~17.0%
限度額 1万円~最大500万円

5位 専業主婦なら配偶者貸付が利用できるベルーナノーティスがおすすめ

専業主婦のカードローンおすすめならベルーナノーティス
配偶者貸付とは、専業主婦(主夫)が配偶者の同意を得て融資を受けられる制度のことです。

ベルーナノーティスには、総量規制の影響を受けない配偶者貸付ローンがあります。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融は、本人に収入のない専業主婦(主夫)の申し込みを受け付けていません。

そもそも専業主婦は世帯収入があっても本人に収入がないわけですから、総量規制にあてはめると「収入0円×三分の一」となり、借入れ可能額も0円になってしまいます。

配偶者貸付は総量規制の例外ローンとなりますので、専業主婦(主夫)+配偶者の借入れ額合計が二人の年収の三分の一以内なら融資が受けられます。

配偶者の同意が必要ですが、専業主婦(主夫)でどうしてもお金が必要なら、ベルーナノーティスのローンを検討してみてください。

ベルーナノーティスのローン基本概要
利用できる人の条件 ・18歳~80歳まで
・安定した収入があること
・ベルーナノーティスの審査基準を満たしていること
金利 年4.5%~18.0%
限度額 最大300万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日

6位 10万円未満の少額融資に対応しているカードローン「フクホー」

少額融資におすすめのカードローン
大阪にあるフクホーは消費者金融ですから、フクホーのローンも総量規制の対象です。

ただ、フクホーは10万円未満の少額融資にも対応していますので、もしかすると年収の三分の一ギリギリまで融資が受けられるかもしれません。

フクホーの金利は、以下のとおり10万円未満なら年20.0%の金利が適用されます。

年20.0%は利息制限法の最高金利になるわけですが、金利が高いローンは審査通過も期待できます。

他社で断られた場合でも、フクホーなら柔軟な審査をしてくれるかもしれません。

フクホーのローン基本概要
利用できる人の条件 ・20歳~66歳まで
・本人に安定した収入があること
金利 5万円~10万円未満…7.3%~20.0%
10万円~100万円未満…7.3%~18.0%
100万円~200万円…7.3%~15.0%
限度額 5万円~最大200万円
審査時間 最短即日(土日祝は休業)
融資時間 最短即日(土日祝は休業)

7位 セントラルは自動契約機から5万円申込めるおすすめカードローン

セントラルのカードローン
セントラルも少額融資に対応しているカードローンです。セントラルは中小消費者金融には珍しく、自動契約機を設置しています。

設置場所は公式サイトで確認でき、一部の地域では大手消費者金融と同じように無人の自動契約機でカードローンの契約が可能です。

セントラルも1~30万円の融資枠を設定していますので、少額融資も期待できます。

セントラルのカードローン基本概要
利用できる人の条件 ・20歳以上
・定期的な収入と返済能力を有していること
・セントラルの審査基準を満たしていること
金利 1万円~30万円…4.8%~18.0%
30万円超~100万円未満…4.8%~18.0%
100万円~300万円…4.8%~15.0%
限度額 最大300万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日

個人事業主やフリーランスにおすすめのカードローンランキング

個人事業主やフリーランスにおすすめのカードローンを紹介
個人事業主やフリーランスは、カードローン審査で落ちるケースが多くなります。

なぜなら、個人事業主は一般的に「収入が不安定」と思われてしまうからです。

個人事業主やフリーランスがカードローンを利用する場合は、できれば個人事業主専用のビジネスローンに申し込むことをおすすめします。

1位 個人事業主ならアイフルビジネスファイナンスがおすすめ

個人事業主におすすめのカードローンアイフルビジネスファイナンス
アイフルには、通常のカードローン以外にも個人事業主向けのカードローンがあります。

アイフルビジネスファイナンスが個人事業主向けローンになり、最大1,000万円までの融資も可能です。(融資限度額は収入と返済能力による)

個人事業主でも「仕入れ代金の支払い」や「つなぎ資金」など、事業継続にはさまざまな経費が必要になるものです。

アイフルビジネスファイナンスは、事業用の運転資金として使うことも可能です。

アイフルビジネスファイナンスの個人事業主向けカードローン基本概要
利用できる人の条件 ・法人または個人事業主
※法人利用者… 75歳まで
※個人事業主の利用者…69歳まで
金利 年5.0%~18.0%
限度額 1万円~最大1,000万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日

2位 プロミスの自営者カードローンもおすすめ

自営業者におすすめプロミスカードローン
プロミスにも自営業者向けカードローンがあります。

金利条件は通常のカードローンと同じで、上限金利も年17.8%で設定されています。

利用限度額については、一般向けカードローンの限度額は最大500万円ですが、自営業者向けローンは最大300万円です。

「限度額設定が違う」ということは、一般のユーザーとは別の審査基準が設定されている可能性もあります。

資金使途も自由ですので、個人事業主が生活費として使っても問題はありません。

プロミスの自営者カードローン基本概要
利用できる人の条件 年齢20歳~65歳以下の自営者
金利 年6.3%~17.8%
>限度額 最大300万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日

3位 セゾンファンデックスの個人事業主専用カードローン

カードローンおすすめ3位のセゾンファンデックス
セゾンファンデックス個人事業主専用ローンの金利も、プロミスと同様「年17.8%」に設定されています。

セゾンファンデックス個人事業主専用ローンは最高70歳まで申し込めますので、高齢の方で事業を営んでいる人にもおすすめです。

セゾンファンデックス個人事業主専用ローン基本概要
利用できる人の条件 ・申込時20歳から70歳まで
・毎月定期収入があること
・電話連絡可能な個人事業主(法人格を有さず事業を営む個人)
・日本国内に住んでいること
金利 年6.5~17.8%
限度額 1万円~最大500万円
審査時間 1日~7日
融資時間 1日~7日

4位 アコムビジネスサポートカードローンは総量規制の影響がないのでおすすめ

総量規制対象外でおすすめのアコムビジネスサポートカードローン
アコムのビジネスサポートカードローンは、総量規制の影響を受けないローンです。(個人事業主が利用するローンは、アコム以外でも総量規制の例外扱いとなります)

アコムビジネスサポートカードローンは即日融資も可能ですので、急ぎの事業資金を必要としている個人事業主にもおすすめです。

アコムビジネスサポートカードローン基本概要
利用できる人の条件 ・業歴1年以上の個人事業主
・アコムの審査基準を満たしていること
※個人事業主とは、法人化されていない事業の代表者のことを指します。社員が1人でも株式会社などの代表者は個人事業主ではありません
金利 年12.0%~18.0%
限度額 1万円~最大300万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日

5位 東京スター銀行「スタービジネスカードローン」は低金利でおすすめ

東京スター銀行スタービジネスカードローン
東京スター銀行の「スタービジネスカードローン」は、上限金利が年14.5%と低めです。

ただし、インターネットの書き込みを見ると「東京スター銀行の個人事業主向けローンの審査は厳しい」といった口コミも見かけます。

銀行ローンは消費者金融よりも審査が厳しいですし、低金利になればなるほど審査は厳しくなる傾向があります。

ただ、契約さえできれば低金利で利用できるローンですので、長期で利用したい個人事業主にはおすすめです。

スター銀行「スタービジネスカードローン」基本概要
利用できる人の条件 ・事業を営んでいる法人代表者、個人事業主
・申込時の年齢が満20歳以上、契約時の年齢が満69歳以下
・アイフル株式会社の保証が受けられること
金利 年4.5%~14.5%(保証料含む)
限度額 50万円以上1,000万円以下(10万円単位)
審査時間 1週間~2週間
融資時間 1週間~2週間

6位 オリックスクレジットのVIPローンカードbusiness

オリックスクレジットのVIPローンカードbusinessは個人事業主におすすめ
VIPローンカードBUSINESSは、最短即日融資が可能で最短60分で審査回答が出ます。

借入れ希望額を申し込み当日に振りこんでもらうことも可能で、上限金利も契約限度額によって良心的な設定になっています。

余裕のある限度額で低金利ローンを探している人には、おすすめしたいビジネスローンといえます。

オリックスクレジットのVIPローンカードbusiness金利とコース
契約枠(コース) 融資利率(実質年率)
500万円 6.0%~14.9%
400万円 6.0%~14.9%
300万円 6.0%~14.9%
200万円 6.0%~14.9%
100万円 6.0%~14.9%
50万円 8.0%~17.8%
オリックスクレジットのVIPローンカードbusiness基本概要
利用できる人の条件 ・20歳~69歳まで
・以下のいずれかに該当する個人事業主または法人代表者
(業歴1年以上の個人事業主)
(法人格を有する事業の代表者)
金利 年6.0%~17.8%
※100万円コース以上は14.9%以下
限度額 50万円~最大500万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日

カードローンおすすめ選びで迷ったときのアドバイス

カードローン選びで迷ったり、審査に落ち続けたりしたときに気をつけるべきポイントもあります。

とくに一度審査落ちしたカードローンに再度申し込むときは、タイミングに注意が必要です。

カードローンを一度に申し込むのは2社まで

審査通過が不安になると、一度に多数のカードローンに申し込む人がいますが、短期間の同時申し込みは避けた方が無難です。

場合によっては、審査通過に支障をきたすことにもなりかねません。

カードローンに申し込むと、貸金業者や銀行などは信用情報機関に申込者のデータを照会します。

データ照会履歴は6ヶ月間残り、後日照会した別の金融業者も、過去の照会履歴が見れるようになります。

多数の照会履歴だけが残りローンの契約実績がないと、自ら「審査に落ち続けている人」とアピールしているようなものです。

短期間で申し込むなら、せめて2社以内にとどめておきましょう。

または、信用情報機関の照会履歴が消えてから申し込むことをオススメします。

前回のカードローン審査落ちから6ヶ月あける

信用情報機関の照会履歴とは別に、申し込んだ消費者金融や銀行の保証会社にも過去の申し込み履歴が残ります。

データ保存期間は各社によって違いますが、少なくとも半年前に審査に落ちた人は再度申し込んでも審査通過は難しいでしょう。

なぜなら、消費者金融などは「6ヶ月程度では収入も他社借入状況も変わらない」と判断してしまうためです。

一度審査に落ちても、一年後に申し込めば審査通過できるケースもあります。

どうしてもカードローンを利用したいなら、前回申し込みから6ヶ月以上期間をあけるか、審査落ちした消費者金融とは別のカードローンに申し込むようにしましょう。

わからないことはコールセンターに聞いてから申し込む

申し込みの際は、いろいろと不安なことが発生するものです。

申込での不安例
  • 必要書類は?
  • いまの雇用形態でも申し込める?
  • 年収が少ないけど大丈夫なの?

上記のような初歩的な心配事でも、不安なことはそのままにせず、遠慮なく消費者金融などのコールセンターで相談するようにしましょう。

不安要素を抱えたまま申し込んでも審査に落ちるだけです。

大手消費者金融のオペレーターはとても親切です。

お金を借りたい人に寄り添ってくれますので、なんでも相談できます。

おすすめでないとわかったら他社カードローンで借り換えも検討する

むやみに多数のカードローンを利用するのはおすすめできませんが、どうしても契約したローンが自分に合わないなら、他社に借り換える方法もあります。

お試しで申し込んでみる方法もいいでしょう。

ただし、借り換えたときは元のカードローン返済を忘れないようにしましょう。

新規のローンに借り換えた場合は、無利息キャッシングの利用も可能ですのでオススメです。

カードローン審査を通過する5つのコツ

カードローンの審査通過条件は非公開です。

ただ、消費者金融や銀行カードローンの利用条件などを見ると、おおよその審査通過条件がわかってきます。

スムーズに審査通過するための5つのポイントもお伝えしますので、ぜひカードローン申込時の参考にしてください。

カードローンの利用条件や必要書類を確認する

カードローンに申し込める人の条件は各社によって違います。

大手消費者金融カードローンのなかでも、アコムやプロミスは18歳から申し込めますが、レイクやSMBCモビットは20歳からしか申し込めません。

利用条件を満たしていないと、申込情報をチェックされただけで仮審査に落ちてしまいます。

カードローンに申し込むときには、かならず商品概要書で利用条件を見ておくようにしましょう。

カードローンではアルバイトでも定職に就くのが大事

カードローン審査でもっとも重視されるのが「安定した収入があるかどうか?」です。

そのため、日雇いのアルバイトや登録制バイトで生計をたてているような人は、審査通過が難しくなります。

消費者金融カードローンのほとんどは「アルバイトやパートでも申し込める」となっていますので、審査通過したいなら、アルバイトでもいいので「安定した職に就くこと」が大切です。

理想の勤続年数は1年以上ですが、3ヶ月や6ヶ月でも審査通過は可能です。

ただし、勤続年数が短い場合は審査通過できても融資限度額が低くなることも考えられます。

カードローンを契約後、堅実な利用を続けていれば、収入と他社借入れ額次第で限度額アップも可能です。

カードローン審査の連絡がつくようにしておく(本人と勤務先)

審査時には本人や勤務先に電話がかかってくる可能性が高いため、カードローンに申し込んだあとは、かならず連絡がつく状態にしておきましょう。

「電話なし」と公言しているカードローンでも、100%電話がかかってこないとは言い切れません。

審査の途中で確認事項があったり、審査で不審な点が見つかると連絡してくる可能性もあります。

本人の連絡先は携帯電話にしておき、申込日の当日から契約終了までは連絡がつく状態にしておきましょう。

職場に在籍確認の電話がかかってくるかもしれませんので、できれば勤務先が営業している時間帯に申し込むのもおすすめです。

カードローンでは50万円以上は申し込まない(他社借入れがない場合)

カードローンによっては契約額ではなく、申込額が50万円を超えた時点で、収入証明書の提出を求められることがあります。

必要書類があれば問題ないのですが、提出書類が増えると書類不備のリスクも発生します。

書類の再提出を求められると審査時間も長びくことになりますので、できれば初回希望額は50万円未満で収入証明書不要カードローンに申し込むようにしましょう。

自分の信用情報機関のデータを事前に確認しておく

審査では信用情報機関のデータが照会されます。

信用情報機関のデータに過去の滞納や債務整理の履歴があると、審査通過が難しくなります。

一部の情報を除き信用情報機関のデータは5年間登録されますので、審査通過したいなら、カードローン申込前に自分のデータを確認しておくことをおすすめします。

情報開示はスマートフォンなどから簡単にできますので、下記のCICやJICCなどの公式サイトを確認してみてください。

おすすめカードローン広告でも違法業者は利用NG

この記事では、数々のカードローンをご紹介しましたが、万一「どこからも借りられない」となっても、絶対に違法業者を利用してはいけません。

金融庁の公式サイトに記載されているように、違法業者にはいくつかの特徴があります。

金融庁公式サイトより│違法な業者の手口およびその被害

■「低金利で融資」「他店で断られた方でもOK」「らくらく・簡単」「即日融資」など利用者の心理をついて誘い込んできます。特に、自己破産者や返済に困っている多重債務者をターゲットに勧誘してきます。

■貸付金額は、3万円から5万円など小口なのが主流です。小口なのですぐに返済できるだろうという利用者の心理をついてきます。しかし、違法な高金利のため、返済請求額は雪だるま式にあっという間に膨れ上がります。

■貸付期間は、7日から10日間と短期間なのが主流です。違法な高金利の利息などを短期間に返済請求されるので、すぐに行き詰まってしまいます。返済のために別の違法な金融業者から借りることを繰り返し、悪循環に陥ってしまいます。

■業者は返済が遅れた時の取立てのために、借りた本人の住所、電話番号、勤務先だけでなく、親兄弟・親類の連絡先を聞いてきます。少しでも返済が遅れると脅迫まがいの電話を勤務先や親兄弟・親類などにかけるなど厳しい取立てを行い、精神的に追い詰め、違法な高金利の利息を支払わせます。
(引用元:金融庁公式サイトより│違法な金融業者にご注意!

下記で、よくある違法業者の例を具体的にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

カードローンでよくある違法業者①「個人間融資」

TwitterなどのSNSで「個人的にお金貸します」といったメッセージをよく見ますが、個人間融資のほとんどはヤミ金やソフト闇金などの違法業者が運営しています。

実際に融資を受けられるかもしれませんが、法外な手数料を請求されることもありますし、女性なら借金したことをネタに性被害に遭うかもしれません。

一度利用すると個人情報が業者間で売り買いされるリスクもありますので、とにかく個人間融資は利用しないのが無難です。

よくある違法業者②「ウソの低金利表示」

違法業者は広告で「9%の低金利融資」などと表示し、新規顧客を勧誘します。

しかし、提示されている金利は年率ではなく月利や日割りの利息のケースがほとんどです。

たとえば、月利で9%だった場合12ヶ月間で計算すると、108%の金利手数料を請求されることになります。

利息が100%を超えるわけですから、100万円を借りると1年後には元金と利息を合計して208万円を返済する計算です。

業者によっては金利手数料とは別で「融資手数料」と称し、融資額の10%~30%程度を先に差し引いて融資をすることもあります。

よくある違法業者③「ブラックでも貸します」

貸金業法では「返済能力がない人にはお金を貸してはいけない」と決められています。

したがって「ブラックでも貸します」といった広告を出している貸金業者は、違法業者と思っても間違いないでしょう。

違法業者がブラックでも融資できるのは、以下の理由があるからです。

違法業者が融資できる理由
  • 正規の貸金業者ではないため信用情報機関のデータにアクセスできない
  • 滞納しても高圧的な取り立てをするため回収できる自信がある

違法業者からお金を借りて万一返済できなくなると、職場に嫌がらせの電話をかけてきたり実家に取り立てにきたりするなど、貸金業法で禁止されている「相手を威圧する取り立て」をしてきます。

自分はもちろん、家族を守るためにも絶対に違法業者を利用してはいけません。

違法業者か正規の業者かを見分ける方法

利用しようとしている貸金業者が違法業者かどうかは、以下のポイントを見ればわかります。

違法業者の例
  • 店舗がない
  • 連絡先が携帯電話、またはLINEのアカウントのみ
  • 貸金業登録や財務局登録番号がない、または虚偽の登録番号を記載している

違法業者かどうか見分けるには、以下の財務局公式サイトを利用する方法もあります。

なかにはアコムや楽天など、大手の名前をかたった業者もいますので注意が必要です。

カードローンおすすめを解説まとめ

カードローンをはじめて契約するときや借り換えしたいときは「どこのカードローンがいいのか」迷ってしまうことも多いでしょう。

今回ご紹介したように、消費者金融カードローンの条件は各社それほど変わりはありません。

銀行カードローンの上限金利もほぼ14%前後ですので、どこの銀行カードローンでも金利条件は同じでしょう。

ただ、カードローンに求める条件は利用者ごとに違います。

金利重視の人もいれば利便性重視の人もいます。

カードローン選びに迷ったら、まずは「絶対外せない条件」を1つか2つ決めておきましょう。

この記事を書いた人

嶋 拓人

過去にアコム、三井住友銀行カードローファン、レイクなどから500万円借りた経験あり。また、自身が保証人になったことから個人再生をし、再起した経験を持つ。クレジットカードも多数保有。その際に身につけた知識と経験を基に、お金に関するWEBライターをしている。現在FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)を勉強中。

この記事の監修者

木山浩二

国家資格の第1回貸金業務取扱主任者試験合格。中堅消費者金融に約15年勤務し、入社後約7年で大型店の店長となる。融資受付から審査の決裁、延滞管理まですべて行う。弁護士との任意整理交渉、特定調停、個人再生、破産、過払い金返還請求などの債務整理業務や、債権者からの貸金訴訟、支払い督促、強制執行(動産・不動産)も経験済み。現在はFPの知識を深め、お金に関するWEBメディア制作を行っている。

※本記事はブラザーMONEY(ドメイン所有者:株式会社ブラザーモータース)と提携する金融機関のPR情報を含んでおります。
※ブラザーMONEYでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社、SMBCコンシューマーファイナンス社、アイフル社、銀行カードローンから委託を受け広告収益を得て運営しております。
※当社はローンの情報提供を目的としており、ローン商品提供事業者との契約媒介やローン契約を斡旋をするものではありません。
※当社に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※当社に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※ローン商品のお申し込みは、必ずご自身で各金融機関ホームページで内容をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします。
※当社で紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。
※車検やキズ・ヘコミの修理等に関しましては最寄りの店舗へ来店・電話もしくはメールでのお問い合わせをお願い致します。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。